キラリと光るキラっ人さん

キラっ人さん応援企業・団体紹介

2015年に企業内保育園を開設。「子育て中も安心して働ける職場づくり」で人材確保とサービス向上へ

  • 株式会社栄楽館

今回お話をうかがった方
取締役常務 総支配人
菅野 豊臣(かんの とよおみ)さん

この企業の
キラッ人さんページを見る

女性目線のおもてなしを続けるために

当社は磐梯熱海温泉で3つの旅館を経営しています。「ホテル 華の湯」はその一つで、従業員は約270名おり、そのうち約6割が女性です。1996年のオープン時に「女性の時代を予感する」をコンセプトに掲げ、女性目線での旅館づくりを進めてきました。しかし、東日本大震災が起こり、一斉に予約がキャンセルになるなど、やむをえず従業員の大幅な削減を余儀なくされました。客足が戻ってくると人手不足になり、従来の「おもてなし」が提供できなくなる恐れが出てきました。また、新たに雇用しようと思っても旅館業の人材難はここ数年厳しさを増してきており、新卒者の応募も鈍ってきている状況があります。
旅館業は朝の勤務を終えると一度長い休憩を取ります。その後夕方から勤務する「タスキ掛け」と呼ばれる独特の勤務形態があり、ワーク・ライフ・バランスを実現するのが難しいとされてきました。そのためにこれまでも結婚・出産を機に優秀な女性スタッフが退職してしまうことが相次いでおりました。そこで「従業員が安心して働ける環境」を整えていこうということになり、その一環として2015年7月に事業所内保育施設「豊和保育園」を開設しました。

土日も年末年始も安心して預けられる

保育園は、敷地内にある女子寮の1階を改装して設けました。現在は25人の子どもを4人の保育士が交代でみています。この保育園は、土・日曜、祝日はもとより、年末年始も子どもを預かります。開所時間は朝7時30分から夕方6時まで。地産地消の食材にこだわる当ホテルの厨房から昼食を運んでいるのも特徴の一つです。料理長が作った料理は、丁寧にダシを取った和食が中心の「食育」に配慮したメニュー。好き嫌いなく「おいしい!」と完食するお子さんが多いと聞いています。今後、保育園で、親向けの料理教室ができないかという話も出ています。 
お正月や節分になると保育園の子どもたちが手がけた工作や絵を社員にもってきます。そういった様子を見て、これから結婚や出産をする若い社員が「出産後も働き続けられるな」と思ってくれれば離職率の低下につながりますし、もし一度辞めたとしても「また働きたい、働ける」と思える環境を作っていくことで、サービスのレベルをより向上していけるのではないかと思います。保育園開設後、子育てと家庭の事情を理由に退社した人は今のところ1人だけ。また、「子どもを安心して預けられるから」と異業種から転職してくる人も増え、新しい風を吹き込んでくれるようになりました。

夜の仕事を振り分け生産性向上

ゆくゆくは夜間の保育も検討していかなければなりませんが、まず進めているのが生産性向上、業務の効率化です。これまで夜にしていた業務、例えばお膳のセッティングなどを昼にできるように細かいマニュアルを作り、なるべく多くの部署に、時間を区切りまんべんなく割り振るようにしています。1人で多くの業務をこなせる「オールラウンダー」を育てれば夜間に必要な人員を抑えられますし、誰かが子どもの発熱などで急に休むことになったとしても、フォローし合える体制が作れます。
今のところ、子育て中の社員に担当してもらっているのは、主に朝と日中のお客様に対するサービス業務です。磐梯熱海温泉は東京からのアクセスも良いですし、JR磐越西線の富田駅が新設されたこともあり、今後はますます日帰りのお客様が増えるのではないかと期待をしているところです。「日帰り利用」の新たな市場を開拓していくためにも、日中の勤務の重要度が増しています。

日本文化を未来につなぐ伝承者として

やはり一輪挿しの花を生けるにも感性が大事ですし、旅館業には子育ての経験が大いに活かされます。育休から復帰した職員たちを見ていると、お料理の提供の仕方、お客様への声のかけ方にも明らかな変化があります。今回の保育所開設をきっかけに、当旅館のサービスレベルは確かに向上したと思います。
和のしつらえ、おもてなし、食事など、旅館には日本の伝統文化が凝縮されています。言葉遣いや立ち居振る舞いも含め、従業員はその伝承者です。私は社員満足度を高め、雇用を確保しながら当旅館から日本文化を未来につなげていきたいと思っています。そして、お母さん・お父さんがイキイキと働く姿を近くから見ていた子どもたちが、いつか「自分もここで働きたい」と思ってくれるようになれば、これほどうれしいことはないと思っています。

基本情報
事業内容
福島県を代表する磐梯熱海温泉にて、 「萩姫の湯栄楽館」 「ホテル華の湯」「湯のやど楽山」3つのコンセプトの異なるホテル旅館を経営
企業名
株式会社栄楽館
創業
1930年
所在地
〒963-1309 福島県郡山市熱海町熱海4丁目47
TEL
024-984-3543
FAX
024-984-5240
代表者
代表取締役社長 菅野 豊
従業員数
270名
URL
http://www.hotelhananoyu.jp/

>> 一覧に戻る

キラっ人さんを応援している企業のご紹介
キラっ人さんがいる企業とは
どんな企業なのか、気になります。
福島で頑張る
キラっ人さん紹介
どうしてキラっ人さんがキラキラしているのか分かるかもしれません。

pagetop